simple naturl comfort
玉川学園I邸エクステリアデザイン

光溢れるハーブガーデン

2007年年末に竣工した、新築住宅のお庭をデザインいたしました。家が完成し、住み始めてからじっくりと、お庭づくりに取り組んだI様のご要望を受け、外観に合う、すっきりとしたスタイリッシュなデザインを考えました。

鳥の目になって上空から、家とお庭をトータルにデザインすることで、統一感のとれたたたずまいとなりました。

今年の春はたくさんのハーブがお庭をにぎわすことでしょう。また時々I様のお宅に尋ねるのが楽しみになりました。

<概要>>
エクステリア範囲:南西庭、一部アプローチ

<<仕上げ>>
床:コンクリート平板
ジョリパットくし引き仕上げ

玉川学園I邸の情報はこちらから

玄関エントランスからまっすぐに誘導する小道
左にある丸い花壇は実は井戸を埋めたところです。
お庭から室内を見たところです。内と外が自然と繋がります。
ウッドデッキからそのままお庭に出てハーブがつめます。
ひろびろとしたお庭が広がります。
斜め45度のラインが奥行き感を出しています
温かな陽だまりがお庭から優しく差し込みます。
室内からハーブの花壇が良く見えるようにデザインしました。
2階の踊り場から庭を見下ろした風景
お料理が得意な御主人も大喜びのお庭となりました。