simple naturl comfort
市ヶ谷Y邸 第三期工事

森の図書室&耐震補強

以前に第一期工事、第二期工事とリフォームを行った市ヶ谷Y邸のお施主様より、再びご依頼をいただきました。
今回の第三期工事は大きく分けて、1階の耐震補強と、2階の内装リフォームという2つの工事を行いました。
今までご両親様とお施主様が、それぞれ階段を持つ1階~2階という空間が独立してつながっていた縦の構成を、1階はご両親、2階はお施主様が住まれる横の構成に直したいとのご要望から始まった計画です。

リフォーム
2階で生活が完結できるよう、階段室とダイニングの間に、古未来オリジナルのドアを設け、分離されていた空間を連結。
トイレのリフォームでは、「森の図書室」をコンセプトに、森の中にたたずむ小さな隠れ家の、長居したくなるプライベート空間を計画。トイレいう本来の機能を保ちつつ、図書空間も合わせた書斎空間によみがえらせました。

耐震補強工事
ご両親様が1階に住まわれることを踏まえ、建物の中央に当たる広間と、寝室を補強しました.。Y邸は、かなり古く前に建築され、何度も増築を繰り返した経緯があり、基礎や柱の補強が必要でした。そこで、古い基礎の補強や、柱の追加、構造用合板や筋交いによる補強を行いました。
中でも、広間には米松を格子状に組んだ耐力格子を採用し、窓から入る採光と2階を支える補強を両立させました。


 

<<概要>>
築年数: 築 約50年
構造: 木造在来工法一戸建て
リフォーム箇所:1階 広間、寝室
2階 階段室、寝室、トイレ
リフォーム床面積:74㎡

<<仕上げ>>
・2階トイレリフォーム
床:ウォルナット 三層フローリング
壁紙: スウェーデン輸入 一枚もの壁紙
天井:珪藻土 左官

・耐震改修箇所
基礎補強:がんこおやじ工法
耐震格子:米松

一歩踏み入れれば、そこは森の図書室。

中央には本や小物を飾ることが出来る棚を用意。
向かって右側には収納とシンクです。

棚とシンクの間にある鏡が、より効果的に空間を広げます。
壁紙は、珍しい1枚もののクロスで仕上げました。
トイレ空間と書斎空間が、ほどよく融合されています。

天井は珪藻土の左官。よく見ると塗りの技術によって、壁紙の枝が天井に進出しています。
お施主様の書籍や小物が置かれ、隠れ家が完成していきます。

2階を繋げる、新たなドアを新設しました。
広間の耐力格子。採光を確保しつつ、補強を実現しました。
耐力格子は米松を丁寧に組んだもので、とても美しいです。
都心とは思えない自然環境の中、古いお家が生まれ変わりました。