Home

古未来日記

桜新町新築計画~その10~

p1110937

現場では定期的に、施主様、工務店、設計者の3者打ち合わせがあります。

施主様はこのときも1階の浴室になる窓からどんな景色がながめられるかを確認していらっしゃいました。

 

 

 

壁には断熱材が施工されました。

p1110980

p1110984

外壁下地には横胴縁を一定の間隔で打ちつけ、外壁材(ガルバルウム鋼板)の間に空気層を設けて

外部の暑さ寒さから遮断し、室内の空気環境を快適にします。これを『外壁通気工法』といいます。

 

p1120023

ライフラインのひとつ電気配線工事も進んできます。

p1120034

 2階のリビングダイニングスペースには床暖房も設置されます。きっと今のような寒い季節には

心も体もほのかにホカホカと温まることでしょう。頭寒足熱ですね!!快適になることでしょう。

p1120040

毎回のお打ち合わせごとに、差し入れをしていただきました施主様に感謝!感謝!です。

 

桜新町新築工事~その9~

p1110844

給排水等のライフラインも徐々に接続されていきます。

家も人の体と同じように、命が吹き込まれていきます。

p1110858

2階の大開口部から空を見上げると、お隣の緑が目に飛び込み癒されます。

p1110866

上の写真は今回この現場を造ってくれる、大工さん石井さん親子のものです。

よく手入れの行き届いた大工道具ですね。「道具を見れば腕のよしあしが分かるものだ」と昔、

父が大工の棟梁をしていた時、よく口にしていました。

この現場をこよなく愛して造っていただいておりました。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

ALL ABOUT情報サイトのLIXILのお仕事

昨年春ごろから、総合情報サイトAll About サイトの住宅リフォーム関連で

LIXILの原稿監修のお仕事をしております。

詳細は以下のサイトをご覧下さい。

http://allabout.co.jp/gm/gc/406970/

 ほぼ各月ベースで打ち合わせと原稿の監修作業をを行います。

今回はLIXIL本社の入っている霞ヶ関ビルでの打ち合わせに向かいました。

p1120181

 霞が関ビルは、かつて新卒で航空会社の最終面接を受けて以来でしたから大変懐かしく感慨深いものがありました。

その当時を懐かしく思い出しながら駅に降り立ちました。

p1120182

建設当時日本一といわれた高層ビルのさきがけ、霞が関ビルです。下から見上げた姿は風格さえ感じます。

 

p1120185

丁度昼下がりのランチ後の時間でした。ビジネス街にもかかわらず何処と無くリラックスした雰囲気がありました。

p1120187

人はやはり水辺と植栽のあるところに集うのですね。気持ちよい空間をまるで皆、猫のように敏感に本能で感じているのでしょうね。

p1120189

さていよいよ打ち合わせ時間が近づいてきましたので中に入ることにしました。

p1120190

 

 

p11201922

霞が関ビル内部はスッカリ改装されスタイリッシュでもだんな空間になってかつての面影はほとんどありませんでした。

p1120201

 

p1120193

p1120200

 

p11201951

LIXIL本社は最上階の36階にあります。

階下には首相官邸、そして見晴らしは晴れ渡った東京の街並みを一望できました。

 

p1120203

 

p11201991

 

こうやって観ると東京は美しいですね!!絶景かな!絶景かな!と感動して、思わずお仕事で訪れたことを

忘れてしまうほどでした。

p1120206

この日の打ち合わせは主に冬の省エネ断熱についてでした。記事はすでにサイトにUPされておりますので

ご覧いただけますと嬉しいです。

打ち合わせ終了後、記念写真をパッチリ撮りました。

 

p11202091

p11202071

 

まるでおのぼりさん状態の私でした^^

 

そして、霞が関ビルの敷地内でガラス張りのおしゃれなカフェにて一人お疲れさん会のお茶をして帰りました。

 

p11202131

 

次回は新宿に新しく出来たLIXILショールムに行けたら御報告しまーす!!

 

 

 

 

 

 

桜新町新築計画~その8~

p1110829

 作業は外回りのサッシの取り付けにはいります。

上の写真は階段室や2階トイレの小窓やリビングに取り付ける小さな窓達です。

はめ殺しタイプ(FIX窓)と開口できる窓を空気の流れや採光、視線の流れ等を加味しながら

決めた窓達です。その他にも2階のリビングにこだわりの大開口の引違いサッシや

空が見える小窓タイプなどなど室内からどんな風景が見えるのか、また見たい風景とそうでない風景により

窓ガラスのタイプを透明と不透明を考慮しながらセレクトした窓達が勢ぞろいしました。

 

p1110819

 

p1110802

上の写真は 主寝室となるお部屋のサッシです。一階になるので、不透明でプライベートを守ります。

p1110833

上の写真は2階のLDです。天井の高さは高いところで3Mとなります。低いところで1.8Mです。

この天井の高低差がリズミカルで大胆な空間を造ります。

次回もお楽しみに。。。

 

 

桜新町新築計画~その7~

p1110744

上棟式も無事終了し、家全体が仮囲いのシートで養生されました。

これから外壁、屋根、そして内部へと工事が進行していきました。

今回の工事の施工会社は㈱内田産業さんです。

http:/www.uchida-sangyou.co.jp

この会社の特徴は、建築家が設計した家をつくることを主な業務としている施工会社です。

小難しい難題にも快く丁寧に対応いただきました。

p1110810

 

p1110809

外壁の下地材の合板でを施工中です。サッシも早々にとりつけました。 

p11107011

 屋根もしっかりと下地材を施工しております。

p1110727

構造的に体力壁となるところには、たすき掛け状で筋交いを入れています。そしてその端部は筋交いプレートという金物で

しっかりと柱材に固定していきます。

p1110731

 上棟式に用意された、棟札が一番高い棟木の上部に置かれました。

小屋裏になるため、建設中のこの時期しか拝めないものです。この家を末永くすべてのものから守ってくれることでしょう。

棟札は家の歴史を語るものとなり、その家に住むものの繁栄を祈るものとなります。私もこのときこの棟札を仰いで

心からそうお祈りいたしました。

ではこの続きは次回に。。。。

 

桜新町新築計画~その6~上棟式

7日あたりから世間がお正月休みを開けて動き始めておりますが、皆様、お正月いかがお過ごしでしたでしょうか?

昨年より引き続き桜新町新築工事の御報告をいたします。

今回は上棟式編です。

p1110611

p1110615

早朝よりクレーン車が入り、木組みがおこなわれます。この日はお天気に恵まれて気持ちよい上棟日となりました。

p1110619

 

p1110620

正午ごろにはほぼ一階部分が完成し、午後から2階の建方が行われました。

鳶の皆さん、大汗をかきながら、大胆かつ繊細に仕事をこなしていました。

p1110636

p1110660

澄み渡った青空にクレーンで吊り上げられた木材たちが中に舞います。

p1110658

p1110669

夕方には建方が全て終了して、上棟式が行われました。

おめでたい席では感動の鳶職の方の歌声がおごそかに響き渡っていました。

p1110676

いよいよ明日から外壁工事が始まります。

2013新年御挨拶

ncm_0362

皆様新年明けましておめでとうございます! 

 

 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年の幕が開きましたね。今年の年末年始は九州の長崎と福岡で過ごして参りました。

福岡空港に降り立ったら、青空なのに、大粒の雪が舞ってお出迎えしてくれました。

学問の神様である大宰府天満宮で夜の初詣に行き、平和な世の中でありますようにとお祈りしてきました。

そして、長崎での新年元旦の朝、ハウステンボスから眺める初日の出に感動!

曇り空の隙間から神々しい太陽が差している美しさに時を忘れて見とれておりました。

ncm_03573

 今年は春頃に、古未来工房のアトリエを移転予定です。詳細が決まりましたらまたお知らせいたします。

この朝日のように、命が洗われるようなすがすがしい一年を送りたいものです。

今年も古未来をよろしくお願いいたします。皆様にとりまして、更なるご多幸の年となりますように・・・

 

 

 

桜新町新築計画~その5~

時はすでに年末となり、残すところ今年もあと1日とあいなりました!

前回ブログを更新してから、はるかに時が流れてしまいました~!

桜新町の新築のお宅はどうなったの???というブログファンからのお叱りを受け

すみません、近い内にUPします。とお約束いたしました。

桜新町のお宅は昨日29日なんとか竣工お引渡し完了いたしましたあ!

えーっ、もう完成しちゃったの!?と思われていらっしゃると思いますが、

御安心ください。今日から遡ってまた来年にかけじっくりと

途中経過を御報告していきますね。

 

さて、早速ですが。。。

基礎編です。

p1110275

 

p1110267

 

p1110258

 この日は配筋検査を行いました。適切な基礎の配筋ピッチと立ち上がりのコンクリートと配筋のあき寸法等を

 確認しました。この日の午後、瑕疵担保保険の検査も入り、予定通り合格!!です。

家の基礎土台はしっかりと強固に造られました。

ではまたこの続きは来年に・・・・お楽しみに。

 皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

私は、これから、150枚の年賀状作成に戻ります。

古未来は明日から来年年始は7日からのスタートです!!

また来年どうぞよろしくお願いいたします。

追申:来年1月12日(土曜日)13日(日曜日)施主様の快い御了解の下、桜新町の完成御披露、オープンハウスを

行います。御希望の方は以下のところまで御予約お願いたします。詳細をお送りします。お待ちしております。

03-5261-1867

メールアドレス:fujikura@komirai.com

 

 

 

 

桜新町新築計画~その4~

ncm_0063

 

6月の梅雨直前の吉日に地鎮祭を厳かに行ないました。

朝の閑静な住宅街は鳥のさえずりが心地よく式典を応援してくれているかのように

軽やかな明るい鳴き声を響かせていました。なんだかとても神様に祝福されているようで

施主様のWご夫妻もとても和やかなそしてうれしさで一杯の御様子でした。

さあこれから、現場がいよいよ開始です。このあと地盤完了を行ないました。

次回は基礎工事についてお話します。

 

 

 

桜新町新築計画~その3~

さて、土地が決まり、いよいよ、基本設計の段階となりました。

上空にかかる様々な高さ関係の法規定も考慮しながら、そして光や風、窓の位置、アプローチ等を考慮しながら

W様の御要望を120%かなえるための様々な、ゾーニング、エスキースを行ないました。

その過程のひとつで屋根形状や家の形の模型をつくり、最適な家の形を探していきました。

 

e5b18be6a0b9e5bda2e78ab6c-e4b88ae99da2

e5b18be6a0b9e5bda2e78ab6c-4

e5b18be6a0b9e5bda2e78ab6c-4

 

そして、模型での検証で窓の位置大きさ、斜線制限がクリアーになるという検証結果を経て次は少し大きい模型を(S=1/50)

作成しました。

 

p1060215

p1060208

この家は正面のアプローチ面以外は全て、隣家に囲まれる為本当に見える景色はまさしくこんな感じになるでしょう。

まさしく、家の玄関が家の顔となります。すっきりとした和風美人といった感じでしょうか。。。

 

p1060234

1階の主寝室には、濡れ縁を設けて、植林できるスペースをつくります。ここから、風と光を取り込みます。

W様御夫妻がこんな風に肩を並べてくつろぐ姿を想像しながら造りました。

 

p1060256

2階にはLDKをほぼワンルームスタイルで設計しました。大開口の掃き出し窓 が外の隣家のお庭の木々を

借景に取り込みとても心地の良い空間になることでしょう。

このあと、W様御夫妻と数々の打ち合わせを3ヶ月ほどかけながら実施設計図面を作成しました。

そして無事、確認申請の許可も下り、地盤改良へと進んでいきます。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top