Home > Archives > 2013-03

2013-03

桜新町新築計画~その14~

p1120353

現場は完成に向け急ピッチで進みました。内装のクロス下地のパテ処理を天井に施工してあります。

壁は漆喰となります。心地よい空気感がただよいます。

 

p1120348

1階の主寝室と予備室です。1階の壁天井は全てドイツ製のルナファーザーという紙クロスです。

このクロスには小さな木のチップが漉き込まれていて湿度をコントロールしてくれる役目があります。

そしてこのクロスのすごいところは、この上から塗装を10回まで塗り重ねることができます。

10年に1度の塗り替えでも、掛ける10回で100年もつ紙クロスなのです。さすが環境立国ドイツですね!!

p1120350

1階の浴室です。ユニットバスが多い中、W邸では御希望により、在来工法の浴室すなわちデザインバス空間となります。

白地をベースにした爽やかな空間となることでしょう。

 

 

p1120342

外構工事も急ピッチで進みました。ここに駐車スペースと玄関までのアプローチが出来ます。

さて、次回報告もお楽しみに。。。

桜新町新築計画~その13~

p1120360

現場に2階への階段が完成したころ、私が非常勤講師をしている、青山製図専門学校の建築科コースの生徒を

つれて、見学会を行いました。完成後の新築見学はよく行われますが、まだ建築中の現場は学生にとって

生の教科書が目の前で展開されている為、まさしく本当の意味で勉強になります。

各自がそれぞれに目を輝かせながら、積極的に質問が飛び出てきて生きた授業となりました。

p1120371

2階での見学模様です。実施図面を見ながら納まりをじっくりと観察していました。

 

p11203631

床や壁、天井等の住まいを形作る素材のこと、照明のこと、設備のこと、構造のこと、聞きたい!観たい!知りたい!そんな彼らの真剣な情熱が、これからの彼らの夢に向かう原動力となることでしょう!!

p11203681

今回の見学勉強会を快諾していただきました、施主Y様や、内田産業の現場管理のK氏に深く感謝いたします。

彼らが現場を肌で感じることが出来たことが、卒業後建築人生を生きていく原点の記憶となって

生涯忘れることにない一日となったことでしょう。

 

桜新町新築計画~その12~

dsc_0235

この現場の大工工事は石井さん親子で日々着々と進んでいました。

上の写真はお父さんの方です。寡黙で職人技が光る工事をしていただいております。

そんななか、電気プレートの設置位置表示のサインに芸術作品が書かれていたした!

いくつかを御紹介します!!

dsc_0226

dsc_0229

dsc_0230

dsc_0234

どうです?なかなかの漫画家ですよね。最初は息子さんが描いているのかとおもいましたが

お父様でした!以外な才能をお持ちです。

現場はもうすぐ完成にむけて工事は進んでいくのでした。。。。

 

Home > Archives > 2013-03

Search
Feeds
Meta

Return to page top