Home > Archives > 2012-10

2012-10

桜新町新築計画~その3~

さて、土地が決まり、いよいよ、基本設計の段階となりました。

上空にかかる様々な高さ関係の法規定も考慮しながら、そして光や風、窓の位置、アプローチ等を考慮しながら

W様の御要望を120%かなえるための様々な、ゾーニング、エスキースを行ないました。

その過程のひとつで屋根形状や家の形の模型をつくり、最適な家の形を探していきました。

 

e5b18be6a0b9e5bda2e78ab6c-e4b88ae99da2

e5b18be6a0b9e5bda2e78ab6c-4

e5b18be6a0b9e5bda2e78ab6c-4

 

そして、模型での検証で窓の位置大きさ、斜線制限がクリアーになるという検証結果を経て次は少し大きい模型を(S=1/50)

作成しました。

 

p1060215

p1060208

この家は正面のアプローチ面以外は全て、隣家に囲まれる為本当に見える景色はまさしくこんな感じになるでしょう。

まさしく、家の玄関が家の顔となります。すっきりとした和風美人といった感じでしょうか。。。

 

p1060234

1階の主寝室には、濡れ縁を設けて、植林できるスペースをつくります。ここから、風と光を取り込みます。

W様御夫妻がこんな風に肩を並べてくつろぐ姿を想像しながら造りました。

 

p1060256

2階にはLDKをほぼワンルームスタイルで設計しました。大開口の掃き出し窓 が外の隣家のお庭の木々を

借景に取り込みとても心地の良い空間になることでしょう。

このあと、W様御夫妻と数々の打ち合わせを3ヶ月ほどかけながら実施設計図面を作成しました。

そして無事、確認申請の許可も下り、地盤改良へと進んでいきます。

桜新町新築計画~その2~

前回土地を見る為の同行を依頼されて、近隣状況や、その土地の可能性を調査しとても良い土地であることを施主のW様御夫妻にお伝えしたところ、正式購入と相成りました。

p1050895

これから本格的な家造りがスタートすることになりました。

早速、役所に行き、道路、給排水経路、斜線制限、等々様々な事前調査を行ないました。

その中で主な目的としては、家の建つ周辺の地盤の固さ具合を調べることです。

近隣で過去にボーリング調査を行なった事例を調査したところ、この辺りは比較的軟弱地盤が広がっていること

が判明しました。これにより、2階建ての家が建つに必要な地耐力を確保する為の地盤改良が必須であるとの

判断を行なう材料となりました。

 

p1050901

さてこれからこの土地にどんな形の家が相応しいのかを基本設計の段階で様々に検証することとなります。

では次回はその仮定の模型をお見せしますね。ではまたお楽しみに。。。

 

桜新町新築計画その1

2

p1050645

それは、2011年2月、新築を御計画なさっていた、W様と桜新町の某所に土地を見に行った時の写真です。

かつては大きな御屋敷があったところを、分譲地として、4件分の土地に分割して販売されておりました。

いつも新築の場合は土地を最初に見にいきます。その場に立つことで様々なことが分かるからです。

でも一番の決め所は、良い日が差しているか、心地よい風がぬけているか、近隣とのバランスはどうか、

そしてなにより、その土地に立った時に直感とうかなんというか、良い家が建ちそう!!という第六感が働きます。

この日もその第六感は見事に吉とでました!!

いい家がつくれそうです。

この桜新町の家計画は震災をはさみ、一年ほどのお休みがありましたが、今年の春からまた再開し、現場が動いております。

これから過去を遡りながら、現在にいたるまで、そして、今年の年末お引渡しが終わるまでをこのブログにて

つれづれと書いていこうと思います。

Home > Archives > 2012-10

Search
Feeds
Meta

Return to page top