Home > Archives > 2009-10

2009-10

金沢新築内装工事進んでます(その4)

秋も終盤に近づき、肌寒くなりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか?

冬のおとづれも間近ですが、皆様はどんな瞬間にそれを感じたりしますか?

私はといえば、飼い猫が夜おふとんにもぐりこんで来た日を冬の始まりと感じます。

暖かな生き物の体温は心がとろけるほど癒されるものですね。

さてさて、いよいよ金沢での工事も大工工事の終盤に差し掛かっています。

建具枠が完成したところで、建具屋さんが完成した建具を次々に取り付けに

入ります。

2009_1026_153518-p1020336

上の写真の建具は2階LDに入る際の建具で高さは天井まであります。通常は既製品ですと2M前後ですが、

格子の引戸は2.5Mあります。大きくスケールアウトしたおおらかな美しい引戸です。

今回は金澤らしく、縦格子のデザインにしています。その他に外部にも縦格子の引戸や

車庫や玄関のスリットに取り入れて、統一感を出しています。

きっと、この格子のスリットから漏れる暖かな明かりが美しく街並みを照らすことでしょう。

いまからとても楽しみです。

 

金沢新築内装工事進んでます(その3)

2009_1005_111158-p1020288

上の写真は建具の枠材となる材料です。タモ無垢板です。

硬くてきづが付きにくく、また木目もとても美しい材料ですので枠材としては最高!

シックハウス対策の為、建築基準法により、内部に使用される材料仕上げ材、下地材、接着剤、塗料も含め、

写真に記録して、完了検査に望みます。無垢板は規制の対象にはなりませんが、

こうして、念のため記録しておきます。家づくりの監理も複雑になっています。

現代の新建材が多用される以前は無垢の素材というシンプルな材料で住まいは造られていましたが、

大量生産、大量消費の時代の産物として、様々な化学物質を含んだ建築材料が

多用されるようになりました。古未来ではなるべく昔からある石、木、紙、塗り壁、ガラス、などを

シンプルに使いながら、安心して心地よい空間に住めるような家づくりをしています。

家は住まわれてからが一生のお付き合いになります。本当に責任の重いお仕事だと

常日頃感じております。お施主様が笑顔で毎日暮らせる家づくりを目指してがんばります!

台風一過!

昨日は、台風で日本列島は大荒れでしたが、皆様大丈夫でしたでしょうか?

私は、電車が昼過ぎまで止まってしまい、出勤できず、午前中はお仕事休止状態でした。

今日は、朝から台風一過の爽やかな秋空が広がっています。

あまりに気持ちよかったので、アトリエのバルコニーから見える空を撮影しました。

p1010001

 

雑居ビルに囲まれた場所ですが、金木犀の香りが秋風にのって、そこはかとなく漂っています。

春は桜の開花で一年の経過を実感いたしますが、この時期の金木犀の香りは

一年の経過を臭覚で実感させれますね。そして、その時の思い出は香りと共によみがえってきます。

今年の思い出もまた、楽しく、幸せなものでありますように。。。。

回遊プランはストレスフリー

e794bbe5838f-153

前回、金沢での新築住宅のブログで回遊プランについてお話しますと予告しましたので、今日はそのお話です。

古未来では良く意識して、回遊プランを作ります。なぜなら、動物がもつ本能として、太古のころより、危険が迫った際、逃げ道を確保する意味で、回遊することで安全を確保するという意識を深いところで持っているからです。

家の中は本来一番自分の巣に戻り安心して過ごすところとなります。まあ、食う、食われる状態の危険は存在しませんが、 (夫婦円満でよかった!)そんな、太古からのDNAが、本能中に隠されているため、できるだけ回遊するプランとし、左右どちらからでもアプローチできたりして、日頃あまり意識しない中で、ストレスフリーとなるのです。

上の写真は数年前に浦安のY邸様のマンションリフォーム事例です。

LDの中心に、キュウーブBOXを床から浮かせるようにデザインしました。子供たちは本能的に、この回りをくるくると回遊して遊んでいます。なんとも楽しそうですね。

また、大きな空間の中でよく行なうのは、キッチンや階段などを中心に住まいの中を、ぐるくるまわれるプランとしています。家族の動く線いわゆる、動線がぶつかり合うことがないですし、自由に行きたいところに行けることがなんともいえずストレスフリーです!

古未来のWORKSには沢山の回遊プランがごらんになれますのでどうぞ覗いてみたくださいね。

 

 

 

 

 

Home > Archives > 2009-10

Search
Feeds
Meta

Return to page top